憲法

【重要判例】東大ポポロ事件

1. 事件の概要

東京大学の学生劇団であるポポロ劇団は、大学の許可を得て大学内の教室にて松川事件を題材とした劇の上演を行った。

上演中に観客の中に私服警官がいるのを学生が発見し、私服警官の身柄を拘束し警察手帳を奪い、暴行を加えた上、謝罪文を書かせたところ、私服警官に対して暴行を加えたことに対して学生が起訴された。

2. 争点/論点

・憲法23条が保障する学問の自由の趣旨はどういうものであるのか?

・私服警官がポポロ劇団の演劇を観賞していたことは、学問の自由および大学の自治を犯すものであるのか?

3. 条文

条文

憲法23条
・学問の自由は、これを保障する。

4. 最高裁判決

4.1. 憲法23条(学問の自由)の趣旨

憲法23条学問の自由は、学問的研究の自由その研究結果の発表の自由とを含むものであって、同条が学問の自由はこれを保障すると規定したのは、

一面において、広くすべての国民に対しそれらの自由を保障するとともに、
他面において、大学が学術の中心として深く真理を探究することを本質とすること

にかんがみて、特に大学におけるそれらの自由を保障することを趣旨としたものである。

教育ないし教授の自由は、学問の自由と密接な関係を有するけれども、必ずしもこれに含まれるものではない

しかし 大学については 憲法の右の趣旨と 、これに沿って学校教育法52条が「大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究」することを目的とするとしていることとに基づいて、大学において教授その他の研究者がその専門の研究の結果を教授する自由は、これを保障されると解するのを相当とする。

すなわち教授その他の研究者は、その研究の結果を大学の講義または演習において教授する自由を保障されるのである。

そして、以上の自由は、すべて公共の福祉による制限を免れるものではないが、大学における自由は、右のような大学の本質に基づいて、一般の場合よりもある程度で広く認められると解される。

補足説明

憲法23条の保障内容は以下の3点。

  1. 学問研究の自由
  2. 研究結果の発表の自由
  3. 大学における教授の自由

4.2. 大学の自治

大学における学問の自由を保障するために、伝統的に大学の自治が認められている。

この自治 とくに大学の教授その他の研究者の人事に関して認められ 大学の学長教授その他の研究者大学の自主的判断に基づいて選任される。

また、大学の施設学生管理についてもある程度で認められ、これらについてある程度で大学に自主的な秩序維持の権能が認められている

このように、大学の学問の自由と自治は、大学が学術の中心として深く真理を探求し、専門の学芸を教授研究することを本質とすることに基づくから、直接には教授その他の研究者の研究、その結果の発表、研究結果の教授の自由とこれらを保障するための自治とを意味すると解される。

大学の施設と学生は、これらの自由と自治の効果として、施設が大学当局によって自治的に管理され、学生も学問の自由と施設の利用を認められるのである。

もとより、憲法23条の学問の自由は、学生も一般の国民と同じように享有する。

しかし、大学の学生としてそれ以上に学問の自由を享有し、また大学当局の自治的管理による施設を利用できるのは、大学の本質に基づき、大学の教授その他の研究者の有する特別な学問の自由と自治の効果としてである。

補足説明

大学の自治の内容は以下の2点。

  1. 大学の学長、教授その他の研究者を選任する人事
  2. 大学の施設の管理および秩序維持の権能

4.3. 学生集会と学問の自由

大学における学生の集会も、右の範囲において自由と自治を認められるものであって、大学の公認した学内団体であるとか、大学の許可した学内集会であるとかいうことのみによって、特別な自由と自治を享有するものではない。

学生の集会が真に学問的な研究またはその結果の発表のためのものでなく、実社会の政治的社会的活動に当る行為をする場合には、大学の有する特別の学問の自由と自治は享有しないといわなければならない。

また、その集会が学生のみのものでなく、とくに一般の公衆の入場を許す場合には、むしろ公開の集会と見なされるべきであり、すくなくともこれに準じるものというべきである。

4.4. 本事案の評価・判決

本件のA劇団B演劇発表会は、原審の認定するところによれば、いわゆる反植民地闘争デーの一環として行なわれ、演劇の内容もいわゆる松川事件に取材し、開演に先き立って右事件の資金カンパが行なわれ さらにいわゆる渋谷事件の報告もなされた。

これらはすべて実社会の政治的社会的活動に当る行為にほかならないのであって、本件集会はそれによってもはや真に学問的な研究と発表のためのものでなくなるといわなければならない。また、ひとしく原審の認定するところによれば、右発表会の会場には、A大学の学生および教職員以外の外来者が入場券を買って入場していたのであって、本件警察官も入場券を買って自由に入場したのである。

これによって見れば、一般の公衆が自由に入場券を買って入場することを許されたものと判断されるのであって、本件の集会は決して特定の学生のみの集会とはいえず、むしろ公開の集会と見なさるべきであり、すくなくともこれに準じるものというべきである。

そうして見れば、本件集会は、真に学問的な研究と発表のためのものでなく、実社会の政治的社会的活動であり、かつ公開の集会またはこれに準じるものであって、大学の学問の自由と自治は、これを享有しないといわなければならない。

したがって、本件の集会に警察官が立ち入ったことは、大学の学問の自由と自治を犯すものではない。これによって見れば、大学自治の原則上本件警察官の立入行為を違法とした第1審判決およびこれを是認した原判決は、憲法23条の学問の自由に関する規定の解釈を誤り、引いて大学の自治の限界について解釈と適用を誤った違法があるのであって、この点に関して論旨は理由があり、その他の点について判断するまでもなく、原判決および第一審判決は破棄を免れない。

5. ポイントとなる事項

ここがポイント

憲法23条の保障内容は以下の3点。

  1. 学問研究の自由
  2. 研究結果の発表の自由
  3. 大学における教授の自由

大学の自治の内容は以下の2点。

  1. 大学の学長、教授その他の研究者を選任する人事
  2. 大学の施設の管理および秩序維持の権能

・学生の集会が、実社会の政治的社会的活動に当たる行為をする場合には学問の自由または大学の自治で保障されるものではない。


この記事が良いと思ったら以下のリンクからサイト運営費用の寄付をお願いします。

LegaLabへ寄付する

  • この記事を書いた人

徳山 紗里

弁護士。京都女子大学法学部の卒業生で初の司法試験合格。 幅広い分野で弁護士の活動をしております。 詳細は私個人のホームページを参照ください。

-憲法
-