刑法

法定的符号説と具体的符号説について解説

1.概要

刑法における事実の錯誤のうち、具体的事実の錯誤についてどのように処理をしていくのかについて、「法定的符号説」「具体的符号説」との見解が存在します。
本記事では「法定的符号説」と「具体的符号説」のそれぞれについて解説します。
なお、刑法における事実の錯誤については下のリンクで解説してますので、そちらをご参照ください。

こちらもチェック

2.法定的符号説

構成要件に該当する事実を、その構成要件レベルで「人」、「物」というように抽象的にとらえる見解をいいます。
また、人を殺す意思をもって行為を実行し、死亡結果を生じさせたにもかかわらず、故意犯が成立しないとするのは法益保護の観点から妥当ではないとの考えに基づいて、判例の立場は法定的符号説をとっております。

具体的な事例で法定的符号説の見解について確認してみましょう。

上図のように、犯人がAさんを狙って銃を撃ったところ、実際にはBさんに命中し、Bさんを死亡させてしまったケースを考える。
法定的符号説の見解では、AさんとBさんは、およそ人というレベルで一致している為、Bさんに対する殺人の故意を認める。

3.具体的符号説

行為者が認識した事実発生した事実とが、具体的に一致しない限り故意を阻却する見解をいいます。
具体的符号説の見解の根拠は、行為者が認識していない客体に発生した結果について故意責任を課すのは責任主義に反するとの考え方にあります。

具体的な事例で具体的符号説の見解について確認してみましょう。

法定的符号説の時と同様、犯人がAさんを狙って銃を撃ったところ、実際にはBさんに命中し、Bさんを死亡させてしまったケースを考える。
具体的符号説の見解では、行為者が認識した事実と異なる事実が発生した場合は故意を阻却するという見解であるため、Bさんに対する殺人の故意は阻却される。


この記事が良いと思ったら以下のリンクからサイト運営費用の寄付をお願いします。

LegaLabへ寄付する

  • この記事を書いた人

徳山 紗里

弁護士。京都女子大学法学部の卒業生で初の司法試験合格。 幅広い分野で弁護士の活動をしております。 詳細は私個人のホームページを参照ください。

-刑法
-