刑法

故意犯と過失犯について解説

1.条文

条文

刑法第38条1項
・罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合はこの限りではない。

刑法38条1項に「罪を犯す意思がない行為は、罰しない。」とあることから、犯罪の成立には罪を犯す意思(故意)が原則必要となります。

また、「法律に特別の規定がある場合はこの限りではない。」とあることから、過失犯の規定が存在していれば、過失犯を処罰できる。逆に言うと、過失犯の規定がなければ(あらかじめ法律に「過失○○罪」として条文に規定がなければ)過失犯自体が成立しません。

2.故意の定義

「故意」とは行為者が、犯罪事実を認識した上で、犯罪の結果発生を認容している心理状態のこと。

「未必の故意」とは結果発生を確実なものとしては認識しておらず、結果発生を積極的に欲しないが、結果が発生しても構わないと思う心理状態のこと。

なお、犯罪の成立には「未必の故意」があれば足りる。

3.未必の故意と認識ある過失の違い

「認識ある過失」とは犯罪結果の発生の可能性の認識はあるが認容まではしていない心理状態のことを言います。

上の例の場合、運転者には「人にぶつかって死亡させる」結果発生までは認容していない為、「未必の故意」はなく「認識ある過失」として過失犯が成立するにとどまります。

まとめ

まとめ

・犯罪の成立には原則、故意が必要。

・過失犯の規定が存在していれば、過失犯を処罰することが出来る。

・ 「故意」とは行為者が、犯罪事実を認識した上で、犯罪の結果発生を認容している心理状態のこと。

・「未必の故意」とは結果発生を確実なものとしては認識しておらず、結果発生を積極的に欲しないが、結果が発生しても構わないと思う心理状態のこと。

・「認識ある過失」とは犯罪結果の発生の可能性の認識はあるが認容まではしていない心理状態のこと。

こちらもチェック

この記事が良いと思ったら以下のリンクからサイト運営費用の寄付をお願いします。

LegaLabへ寄付する

  • この記事を書いた人

徳山 紗里

弁護士。京都女子大学法学部の卒業生で初の司法試験合格。 幅広い分野で弁護士の活動をしております。 詳細は私個人のホームページを参照ください。

-刑法
-