憲法

【重要判例】砂川政教分離訴訟(空知太神社事件)

1.事件の概要

北海道砂川市が市有地を、空知太(そらちぶと)神社の氏子集団を中心に構成された町内会に、神社の建物、鳥居などの敷地として無償で使用させていたことに対して、住民らが「市が敷地の使用貸借契約を解除し同施設の撤去及び土地明渡しを請求しないこと」が違法に財産管理を怠るものであることの確認を求めて訴訟を起こした。

2.争点/論点

神社の土地が無償貸与されていることに対する疑問

・市が市有地を無償貸与し、当該土地が神社等の宗教的施設として使用されているにもかかわらず、その後管理を怠ったことが憲法に違反するのか?

3.条文

条文

憲法20条1項後段
いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

憲法89条
・公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

4.最高裁判決

判断枠組み

国公有地が無償で宗教的施設の敷地としての用に供されている状態が、信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えて憲法89条に違反するか否かを判断するにあたって、当該宗教的施設の性格、当該土地が無償で当該施設の敷地としてのように供されるに至った経緯、当該無償提供の態様、これらに対する一般人の評価等、諸般の事情を考慮し、社会通念に照らして総合的に判断する。

本件無償提供への評価

本件無償提供が、氏子集団において宗教的活動を行うことを易にさせており、一般人の目から見て、市が特定の宗教に対して特別の便益を提供し、これを援助していると評価されてもやむを得ない。

本件無償提供は、もともとは小学校の敷地の拡張に協力した用地提供者に報いるという世俗的、公共的な目的から始まったもので、本件神社を特別に保護、援助するという目的によるものではなかったことが認められるものの、明らかな宗教的施設と言わざるを得ない本件神社物件の性格、これに対し長期間にわたり継続的に便益を提供し続けていることなどの本件利用提供行為の具体的態様等の諸事情を考慮し、本件利用提供行為は、前記相当とされる限度を超えるものとして、憲法89条の禁止する公の財産の利用提供にあたり、ひいては憲法20条1項後段の禁止する宗教団体に対する特権の付与にも該当し違憲。

5.ポイントとなる事項

ここがポイント

・政教分離に関する違憲審査の判断枠組みとして「諸般の事情を考慮し社会通念に照らし総合的に判断する」判断枠組みを提示。


この記事が良いと思ったら以下のリンクからサイト運営費用の寄付をお願いします。

LegaLabへ寄付する

  • この記事を書いた人

徳山 紗里

弁護士。京都女子大学法学部の卒業生で初の司法試験合格。 幅広い分野で弁護士の活動をしております。 詳細は私個人のホームページを参照ください。

-憲法
-,